So-net無料ブログ作成

パブコメ開始

何時間か前、動物愛護管理関係の資料を書いたばかりだが、パブコメが始まった。

動物愛護管理のあり方について(案)(「動物取扱業の適正化」を除く)」に対する意見の募集(パブリックコメント)について
「動物の愛護及び管理に関する法律施行令の一部を改正する政令案等の概要」に対する意見の募集(パブリックコメント)について

受付期間は12月7日まで。
動物取扱業の適正化に関しては、今回のパブコメの対象外である。
前回同様、今後5年間の動物愛護の基本を定めるものとなるので、些細なことでも自分の意見を表明して欲しいと思う。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

家畜衛生週報3177号

農林水産省消費 ・ 安全局の畜水産安全管理課と動物衛生課が共同で家畜衛生週報というのを発行している。都道府県や業界団体に配布されるものなのかな?

家畜衛生週報3177号(平成23年11月7日発行)(PDF:1,451KB)
名前のとおり家畜の感染症とか防疫とかについて書かれているのだが、今回の「家畜衛生レポート」は東京都の番。東京都産業労働局農林水産部食料安全課動物薬事衛生係という部署が担当している。

内容では、ペットについて触れられているのが珍しいところ。畜産県だったら「徹底的な防疫活動をしています!」とか書くんだけど、乏しいリソースの少なからん部分をペット(業界用語で小動物って呼びます)関係に費やしているようで、獣医療トラブルが持ち込まれることも書かれている。

そう、多摩センター動物病院事件で多くの苦情・相談が寄せられたことや、多くが民事トラブルであって都としては有効な対処ができないこと、なども。

鳥吉獣医師は獣医師会に入っていなかったが、そのような人に対しても強力に指導できるような相談窓口なり、機関なり、どうにかできないかなあ。

そろそろ執行猶予期間が満了する。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

動物愛護管理関係の資料

動物取扱業の適正化についてはパブコメが締め切られ、それに対するコメントを事務局がつけている段階だと思います。
それ以外の部分についてのパブコメが間もなく始まります。今週中との書き込みもあります。
中央環境審議会動物愛護部会動物愛護管理のあり方検討小委員会(第24回)議事要旨に、10月31日の会議の資料があげられています。
字句の訂正はあるかもしれませんが、概ねこのまま資料1と資料2の2つについてパブリックコメント手続が実施されるはずです。

続報が入ったら、またブログに書きます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

給油しました [原付]

今回は130円/ℓ
P1040631.JPG
187.4km÷4.29ℓ=41.01km/ℓ

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

動物取扱業の適正化関連のご報告

環境省が7月から8月にかけて実施していた動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)については集計がおこなわれているはず。
合計10万通を超える意見が寄せられたため、いつになったらパブコメに対するコメントが発表されるのかさっぱりわからない状況です。

ブログ左側に貼っているカメさんのバナーについて、すべての署名簿提出が終わったと主催者から発表がありました。ご協力いただいた皆さん、どうもありがとうございました。

[10月18日追記]
本日開催された22回動物愛護管理のあり方検討小委員会で、121,645件だったと発表されたとのこと。

[11月7日追記]
環境省動物愛護部会動物愛護管理のあり方検討小委員会(第23回)議事要旨参照のこと
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

給油しました [原付]

前回と変わらず133円/ℓ
P1040623.JPG
171.3km÷4.57ℓ=37.48km/ℓ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

給油しました [原付]

133円/ℓ
P1040618.JPG
207.8km÷4.76ℓ=43.66km/ℓ
なんか良すぎる。計算間違ってない?

9月23日追記


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

バッテリーが上がったらキックで起動できない [原付]

4年前に中古で買ったホンダのスマートDioですが、再びバッテリーが上がってしまいました。
相当重症のようで、テールランプも点灯していません。
以前バッテリー交換してから3年9ヶ月ですから、もうちょっとがんばって欲しかったと思います。

実は前回も、バッテリーが上がったらキックでエンジンかければいいじゃんと思っていました。
今までもキックペダルが固くてなかなか上手にかからなかったのですが、AF58-ズーマー 原付バイクの修理&交換方法入門!★スティールハート店長ブログ★を参考にきれいにしました。
車種は違いますが、ネジの数などが違うだけで基本的には一緒。
ところが、折角きれいにしたのにいくら蹴ってもエンジンはかかってくれません。

いずれにしてもバッテリーは交換するつもりだったので今回もCTZ-7S(YTZ7S互換品)
を買いました。
また安くなっている。今回はY!オクで送料送金手数料込みで¥2,340.
前回同様交換して、ちゃんとセルでエンジンがかかるようになりました。
めでたしめでたしなわけですが、なんとキックでもちゃんと起動できるではありませんか。

検索してみたら、ホンダの50ccスクーター用PGM-FIというページにたどり着きました。
「キック始動制御」という項目で、今まではバッテリー上がりでのキックスタートは困難だったと書かれています。
確かにゼロボルトのバッテリーを充電しながら火花を飛ばすには何らかの仕掛けが必要ですよね。
諸元で「CDIバッテリー点火」となっているものは望み薄です。スマート・Dio Z4以降の「フル・トランジスタ式 バッテリー点火」では完全に死んだ状態のバッテリーでも起動できるのでしょう。
もしかしてホットイナズマ方式にしちゃえば良かったのかも…
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

給油しました [原付]

昨日からようやく涼しくなってきました。
76円台の円高でガソリン価格も下降してきました。
P1040611.JPG
155.0km÷3.94ℓ=39.34km/ℓ

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

パブリックコメントについて

「動物取扱業の適正化について」のパブコメ開始で紹介したパブリックコメントは26日が締め切り。まだ出していない方、よろしくお願いします。
[追記]
環境省 報道発表資料-平成23年7月28日-動物取扱業の適正化について(案)に対する意見の募集(パブリックコメント)について(お知らせ)では27日が締め切り。期間が違うって変ですね。不利益にならない方だと27日っぽいです。

雑誌などの媒体は全然チェックしていないのですが、ネット上では多くの方がブログやツイッターなどで意見提出するように薦めています。ただ、一部の方は、前回改正の時にペット関連産業側からの組織票と思しき意見があったことを紹介した上で、動物愛護側も数での対抗を模索しているようです。

今回のパブコメは政令や省令を制定する場合と違いって行政手続法によって義務づけられたものではありませんが、基本的なパブコメの形に沿うものだと理解しています。行政手続法にパブコメが盛り込まれた2005年の通常国会、衆議院総務委員会で五十嵐文彦委員(現財務副大臣)の質問に麻生太郎総務大臣が答えています。
○五十嵐委員 特に特効薬みたいなものはないと思いますので、当面公表で対応するということで、あとは、行政側の心構えとして、大臣おっしゃるとおりに、法の趣旨を生かしていただくということだろうと思います。
 一方、逆に今度は、組織的な応募があって、どうかと思われる意見がたくさん集中して、数だけ公表するとその意見が圧倒的多数になってしまうというようなこともあり得るんですね。こういうことについて、そのまま公表するということでこれは仕方のないことなのか、それとも、これは組織的な同種同文のコメントであったというようなことを含めて公表すればいいということなのか、その辺のところもお伺いをしたいと思います。

○麻生国務大臣 そのようなことがあり得るというのは、特定の大臣を批判するといきなりばあっと、メールでいただければよろしいんですけれども、ファクスなんかで来るとファクスの紙代はこっちなものですから被害も出てくるというので、正直迷惑する話は今までもいっぱいあります。
 そういった意味では、こういったものは広く一般から意見を聴取するものではあるんですけれども、今言われましたように、同じ意見で組織的にやられた場合の話でいけば、数量ではかるんじゃないということであって、やはりその意見の内容の適正とか合理性とかいうものに着目しなければならないのではないかと思っております。
 やはり中立とか公平とか公正とかの立場から考慮するというのが最も大事なんだと思いますので、特に意見の内容とかまた考慮した結果などを公示するということによって、意見の公正というものを図っていかないかぬと思っておりますが、出されました意見というものを必要に応じて整理して、きちんとその内容を要約して公示するということもまた必要な方法かなと私どもは基本的に考えております。
162-衆-総務委員会-18号 平成17年06月09日

数じゃないんです。パブリックコメントでは、同じ内容であれば回答はまとめて1つ。役所に「おや?」と思ってもらうには、各々異なる適正かつ合理的な意見を述べたほうが良いのです。

法制化する段階では話が変わってきます。国会議員に対して別々のこと言う必要はなく、ペット産業の方を向かずにこっちを向いて。と言えば良いのです。数とPRで味方になってくれるよう行動するのが正解だと思います。

[追記]
ツイッターで何かとお世話になっている獣医学教育をささえあう会代表のキムさんも、ほとんど同時に類似した内容の記事を投稿されていました。Kimunari!Veterinarian : コピペでも良いからっていうのは違うよ、愛護法改正パブコメもご覧ください。数の勝負だと私たちは少数派みたいですけれど。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。