So-net無料ブログ作成

NGO ARIGATOUの井戸建設 [動物病院]

小学校と井戸の具体的な建設費の記述がなくなったのは昨日書いたとおりです。
価格が手ごろなことから、カンボジアへの援助で数多くおこなわれている井戸建設について書きます。
井戸一般の話はまるやきずむの井戸掘る人びと(1)なども見てください。
ひとくちに井戸と言っても、いくつかの種類に分けられます。

簡単なのは、地下数メートルの浅井戸です。「朝顔につるべ取られてもらい水」のつるべ井戸や、地上の手漕ぎポンプで汲み上げるお馴染みのタイプがあります。たかだか数メートル掘るか、パイプを打ち込めば済みますので、簡単かつ安価にできます。地表近くの水ですから、地上からの影響を受けやすいことが欠点です。地下水位が降雨量や季節によって変動しやすいこと、地上から有害物質が流入することも懸念されます。

浅井戸に対し、深井戸というものもあります。浅井戸として使われる水の層の下に水を通しにくい地層があって、それより深いところの水を汲み上げるものです。地表からの影響を受けにくく、日本でも水道の水源として利用されています。具体的な深さはその土地の地層構造に左右されます。40メートルとか200メートルとか、さまざまです。

どんなに強力なポンプを使っても、10メートルより低いところの水は吸い上げられません。深い井戸の水を使うには、上で吸うのではなく、下から押さなくてはなりません。地中にポンプを設置する必要があるのです。

NGO ARIGATOUの活動内容のページ井戸建設に紹介されている写真のうち、おとーさんとおかーさんが看板の両脇にいる写真を無理矢理読んでみました。一番上の、多分クメール語は模様にしか見えないので割愛。解像度が低いので、読み間違いもあるかもしれません。英文中、読めない語は_____としました。

この井戸は、水を必要とするカンボジア人
民のためにNPO「ありがとう」を通じ、
群馬県出身の中村かおり様より贈呈されたものであり、
在日カンボジア大使プ・ソティレアッと氏のご協力によるものです。
This Deep Well is donated by M_. Kaori Nakamura from
Gunma Prefecture for _____ _____ in Cambodia through in
Organization "NPO Arigatou". This donation is coordinated
by H.E. Mr. Pou Sothirak, Cambodia Ambassador in Japan.

井戸本体の写真を見ると、ポンプが地上にあることがわかります。
彼らの言うDeep Wellとは何メートルの井戸のことなのでしょうか。身長より深ければDeepなのかも。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 1

アンコール

私も同感です。CVSGのホームページには、35mとか書いていますが現地の井戸は、すべて、VN6(ベトナム6号)ハンドポンプです。掘削も3時間程度でOKというしろものです。
by アンコール (2008-08-09 20:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。