So-net無料ブログ作成
検索選択

所得税減税! [マネー]

定率減税が廃止され、皆さん大変だと思います。
税務署からのダイレクトメールで知ったのですが、結果だけを言うと、5,000円減税が実施されるとのこと。

そのためには確定申告をしなければなりません。
年末調整されていて申告の必要がないサラリーマンも対象になります。
紙での白色申告ではなく、電子申告で。

去年かおととし、パスポートの電子申請システムを導入したものの、(導入費用÷申請件数)がものすごい高額だと批判された事件がありました。マスコミから袋叩きにされたので、パスポートの電子申請システムは稼動をやめてしまいました。
まともに運用されれば、窓口の職員や申請者の行列を減らすことができるのですから、決して悪いものではなかったはずです。
問題は電子申請に必要な機器が特殊で、専用のものをパスポート申請だけのために揃える必要があり、利用者側のメリットが全くなかったからです。

電子申請に必要なものは
 ・住民基本台帳カード
 ・(住基カードに記憶する)知事による電子署名
 ・カードリーダ

住民基本台帳カードは、有効期間が10年で、写真入りのものと写真なしのものが選べます。
写真入りのものは住所、氏名、生年月日と性別が記載され、公的証明書として利用できるそうです。運転免許やパスポートなどを持たない人にはそういう使い道もあるでしょう。
写真なしのものには、氏名だけが印刷されています。

電子署名は、有効期間が3年です。
今のところ住基カードにしか入れてもらえないようです。
市役所の市民課などで同時に手続きができると思います。
カードと電子署名発行にはそれぞれ500円かかりました。

あとはカードリーダです。
SDカードなどのカードリーダや、EdyやSuicaを読めるパソリは持っていましたが、住基カード用のカードリーダなんてものは持っていません。ネット通販で買いました。
日立製作所のHX-520UJ.Jです。
 

現時点では案内サイトが紹介されているだけで、具体的なことは年末から年明けにかけて更新されるでしょう。

カード、電子署名とカードリーダで、4,500円ぐらいかかりました。
うちは2人で確定申告すれば黒字になるけど、1人だけだったら買わなかったと思います。
近所の方でしたらカードリーダをお貸しできますが、職場などで共用するのが正解かもしれませんね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:マネー

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。